魔女道®を生きる、万里凛です。

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。                                        

私は、若い頃から、見た目は魔女だとか魔法使いだと言われていました。    

小学校三年生の頃、妖怪人間ベラに憧れていました。闇の世界に生き、強気を挫き、弱気を助ける妖怪たち。そしてベラはものすごく、かっこいい!彼女を目にした時、かなりの衝撃を覚えたものです。大人になったら、あんなかっこいい女性になりたいと思い続けていた不思議?な少女でした。                      

その後、成長した私は、アダムスファミリーのお母さんに似ているねとか、ベラに似ているといわれるようになったのです。外見的に夢は叶ったと思いました。

 

私は幼少の頃、自分を閉じてしまったことがありました。それ以来、仮面と鎧を纏って生きてきたように思います。そうでなければ、自分が壊れそうだったからです。

誰しも大なり小なり経験することでしょう。 

ただ、小さな箱に入って自分を閉じていても、自分自身には嘘はつくことなく、向き合ってきました。その頃の感情は今でもはっきりと覚えています。

 

本来の自分からブレないように生きたいと思い続けて生きてきました。

17歳で駆け落ちし、18歳で出産、19歳で離婚。

そこから私の第二の人生が始まりました。それらも私の選択でした。

 

すべては、二つにひとつの選択。人生は選択だと思っています。

 

その後の人生でたくさんの学びがありました。

その波乱の人生で、経験を通して学んだことから、何かお役に立つことが出来たら……それが私の喜びです。